カテゴリー
行楽 音楽(総合)

ダニエル・パウターは、倉敷の美観地区散策を夏休みの楽しいイベントにしてくれるだろうか

2日目は、隣の市の倉敷の美観地区にあしを延ばしました。

岡山駅から電車で倉敷駅まで行きバスで美観地区に行きました。
倉敷駅から歩いても十数分で行けます。
美観地区に着くと、藤の花が出迎えてくれました。
 
江戸時代初期、江戸幕府の天領に定められた際に倉敷代官所が設けられました。
以来、備中国南部の物資の集散地として発展したそうです。
倉敷川のほとりから鶴形山南側の街道一帯に白壁なまこ壁の屋敷や蔵が並んでいます。
    
なまこ壁とは、壁面に平瓦を並べて貼り、瓦の目地(継ぎ目)に漆喰をかまぼこ形に盛り付けて塗った壁です。
(出典: 倉敷美観地区のウィキペディア)


天領時代の町並みがよく残されていて、江戸時代にタイムスリップしたみたいです。


漆喰の白と瓦の黒のコントラストが綺麗で、、その上に、木の茶色の建て具が良くマッチしていると思います。
ダニエル・パウターは、この風情を美しいと思ってくれるかな?
ダニエル・パウターが喜んでくれたら、私も嬉しいんだけど!!
美味しいコーヒーで、ちょっと一休み
一休みしたら、大原美術館めぐり!!
子どもの頃、おじいちゃんと一緒に巡った思い出深い場所でもあります。
モネの『睡蓮』やエル・グレコの『受胎告知』、ゴーギャンの『かぐわしき大地(テ・ナヴェ・ナヴェ・フェヌア)』などを鑑賞しました。
絵から感じるエネルギーに圧倒されました。
古代の中国の陶器や中東の陶器などもあり、豊かな文化に触れ感動しました!!
充実した時間を過ごして楽しかった!!
中庭には赤壁の建物や趣きのある壁があって、私のお気に入りの場所の一つです。
モネの『睡蓮』を表現しているそうです。
何度来ても、展示物が変わっていて私達を楽しませてくれます。
ダニエル・パウターの部屋にも絵画や作品が飾ってあるので、ダニエル・パウターと一緒に巡ったら楽しいこと間違いなし!!
  
(ダニエル・パウターのフェイスブックより)
そんな日が来るといいなぁ〜
Fall In Love (The Day Never Met)
DanielPowter 

カテゴリー
行楽 音楽(総合)

お盆休みは、夜のライトアップされた後楽園の散策にダニエル・ パウターと行けたらカンペキ!!

夕食は、岡山駅の一番街地下一階の炉端焼き八閣に行きました。
厨房を取り囲むようにカウンター席が並んでいます。
私はサワラの刺身、鯛の釜の塩焼き、穴子の天ぷら、焼きおにぎりなどをいただきました。
穴子の天ぷらは、アツアツでサックリしていて淡白な味わいで、とても美味しかったです。
さわらは、瀬戸内海では春が旬で、程よい脂ののりで、あっさとしていてあっと言う間に食べました。
焼きおにぎり、これが醤油に秘密があるのか、ほんのり甘くて香ばしくいただき、どれも美味しくて幸せ満開!!
美味しくて気持ちいい気分に包まれた中、後楽園、岡山城のライトアップの散策に行きました!!

夜は、昼間とうってかわってライトアップされた後楽園とお城によって幻想的な雰囲気に包まれます!!

遊歩道に灯ろうが並んであり、私達を幻想的にライトアップされた庭にいざなってくれます!!  
幻想的でロマンチックな雰囲気満載!!
ダニエル・パウターと一緒に来たら、もう夢見心地!!
柔らかな光に照らされて、妖精でもいそうな雰囲気!!
水面に映る森のシルエットの揺らぎがキレイで、癒されます。
月見橋からは、ライトアップされた岡山城がうかびあがって、存在感を放っています。
大好きなダニエル・パウターにこの美しい風情を味わってもらえたら嬉しいけど、果たしてそんな日が来るのか…  
そんな時が来たら、もう幸せ満開!!
帰りは、路面電車で帰りました。
レトロな感じで風情があって良いなぁと思いました。
☆この岡山城と後楽園のライトアップは、8月   1日から8月31日まで行っているそうです。
                                                             
   (出典: 岡山後楽園夜間特別開園 幻想庭園)
Daniel Powter – Perfect For Me 
(Official Iyrics Video )
Warner Music Taiwan
カテゴリー
行楽 音楽(総合)

夏休みに入ってお盆休みが近づくと、ふるさとが懐かしい!!

私の両親は、岡山県出身なので、子どもの頃は夏休みになると岡山に帰省して、野山で時が経つのも忘れて良く遊んでいました。

お盆が近づくとふるさとが恋しくなります。
そこで久しぶりにゴールデンウィークに、岡山に帰ってきた時を振り返りたいと思います。
山陽新幹線のぞみで大阪からたった45分で行ける身近な街です!!
岡山県は、おとぎ話の『桃太郎』で有名なので、犬、猿、キジのお供と共に桃太郎の銅像が出迎えてくれます。
岡山に来たなぁと実感します。
先ずは、金沢の兼六園、水戸市の偕楽園ととも日本三名園の一つである後楽園に行きました。
岡山後楽園はミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三ツ星評価を取得しています。
岡山後楽園は、岡山藩主池田綱政公が家臣に命じて、貞亨4年(1687)に着工、元禄13年(1700)には一応の完成をみました。
その後も藩主の好みで手が加えられましたが、江戸時代の姿を大きく変えることなく現在に伝えられてきました。
昭和27年には「特別名勝」に指定されました。
                   (出典 : 岡山後楽園パンフレット)
私が行ったのは5月だったので、ちょうど新緑が輝いていて心癒されました。
正門から入り左回りに庭園をめぐりました。
馬場弓場を抜けると鶴舎が有り、日本の特別天然記念物に指定されているタンチョウ鶴が8羽飼育されています。
尾と首が黒く白い胴体のコントラストが優美で、頭頂部の赤がアクセントとなってカッコいいです。
タンチョウは世界的に大変希少な種で、自然界での生息数は、現在、日本では北海道に約1000羽、中国とロシアにまたがるアムール川周辺に生息している数を合わせても世界中で2,500〜3,000羽ほどといわれています。
このため日本では、特別天然記念物に指定されるとともに、国内野生希少動物に指定され、捕獲等が禁止されているそうです。
岡山県自然保護センターでは、タンチョウ鶴を繁殖、飼育して絶滅回避に尽力しているそうです。
(出典: 岡山県自然保護センターのホームページ)
普段はケージの中で飼育されていますが、毎年秋から冬にかけて園内散策を行います。
〈平成31年〉
    •1月1日(火・祝)、3日(木)  11:00~14:00
    •2月3日(日)、10日(日)   10:00~11:00
     に開催されたようです。
               (岡山観光WEBより)
庭園内で一番大きな沢の池で視界が開け開放感に包まれます。
お殿様になったような優雅な気分になります。
後楽園は、かつて藩主の静養の場、賓客接待の場として使われていましたが、日を定めて藩内の人々にも観覧が許されていたそうです。
お城を愛でながら、芝生にゴザを敷いて、昔の人々は憩っていたんだろうなぁ。
歴代の藩主の意思が脈々と受け継がれているみたいです。
現在も年間パスも売ってるのだから、今も四季折々の景色を楽しむ人々の憩いの場になっていて、いいなぁと思いました。
唯心山から見下ろした沢の池の風景です。
ここまで来ると、後楽園の広大さに圧倒されます。

造形美にも自然の風情にも、花がよくマッチしていて、穏やかな心洗われる気持ちになりました。
広くて少し暑くて疲れたけど、気持ちいいひと時を過ごせて、心和みました。
南門(烏城口)から後楽園を後にして月見
橋を渡り岡山城にも足を延ばしました!!
岡山城は国指定の史跡で、別名烏城(うじょう)、金烏城(きんうじょう)。
主な城主は、宇喜多氏、小早川氏、池田氏。
国の重要文化財 (月見櫓、西の丸西手櫓)
「出典: 岡山城 ウィキペディア」
ゴールデンウィーク中だったので、夜のライトアップがあり、幻想的な雰囲気も楽しみましたが、夜の部は次回に!!
Come Home 
DanielPowter 
カテゴリー
行楽 音楽(総合)

2019年7月9日(火)、NHKのBSプレミアムの世界ふれあい街歩きにダニエル・パウターの曲がBGM に!!

2019年7月9日(火)のBS プレミアム世界ふれあい街歩き「バンクーバー〜カナダ〜」を観ていたら、嬉しいことがありました!!

バンクーバーは何度も世界一暮らしやすい街に選ばれたカナダ第3の都市。
街は海や入り江に囲まれ、高層ビルは緑の木々に包まれているそうです。
人々の暮らしも自然とともにあるそうです。
(もっとNHK .ドキュメンタリーのホーム
     ページより)
(Time Out より)
写真を見てると、緑あふれてキレイな大都会だなという印象です。
バンクーバーといえば、ダニエル・パウターにとってのターニングポイントの街!!
ダニエル・パウターは高校生の時に初めてバンドを組んで、リードボーカルとして歌うようになりました。
高校卒業後音楽大学に進みましたが、楽譜が読めず2年間学んだ後にドロップアウトします。
『もっと自由に音楽を作りたい。他人の音楽が読めないなら、自分の音楽を作るしかない』とお思ったと、ダニエル・パウターはインタビューで語っています。
自分の音楽を作るために移り住んだのがバンクーバー!!
クラブで演奏しながら一人の生活を始めます。
そこで彼の音楽人生を変える、彼にとって不可欠なパートナーとなるプロデューサーと出会った街!!
         (出典: ウィキペディア)
バンクーバーは、ダニエル・パウターにとっても特別な街だと想像できます。
どのシーンか忘れたのですが、番組の最後の方でBGM でダニエル・パウターの大ヒットアルバム “daniel powter”より「song 6」のサビの部分が流れました!!
曲が聞こえてくると気分がパーと晴れやかになり、街並みのキレイさと相まってさわやかな気持ちになりました。
“song 6”は、私のお気に入りの曲の一つですごく嬉しかったです!!
BGM で流れると、iPhoneで聴くのとはまた違った趣があります。
改めてダニエル・パウターの曲のメロディラインは綺麗だなぁと思いました。
“Bad Day”じゃないダニエル・パウターの曲が使われたことも嬉しかったです。
ダニエル・パウターの曲は、 “Bad Day”はもちろん素晴らしい曲ですが、他にも沢山いい曲があるのに、あまり知られてないのが残念です。
Song 6
DanielPowter 
カテゴリー
行楽

父の日を祝うかのように花ショウブ満開!!

5月末に城北菖蒲園に行ってきました。

5月中旬から6月中旬まで楽しめるそうです。
父の日に花ショウブの躍動感ある大輪の花を愛でるのも、いいプレゼントになるかもしれません。
城北菖蒲園は、あまり知られてないのか、さほど混雑せずに憩える穴場的なところです。
ただ駐車場は無いので大阪シティバスかJR おおさか東線で行くことになります。
[大阪シティバス]
 •JR 大阪駅前より 34 系統
 •Osaka Metro 都島駅より10系統
  「守口車庫前行」乗車
  「城北公園前」停留所下車
 [JRおおさか東線]
  「城北公園通」より徒歩12分
【開園期間】5月中旬〜6月中旬
                  毎年変わります
【開園時間】大人200円
                  中学生以下、大阪市在住の
                  65歳以上、障がい者手帳等
                  をお持ちの方は無料
                ただし、証明書提示
私は、ダニエル・パウターが私の写真を観てくれたらいいなぁと思って、SNS にアップしました。
Daniel Powter – Next Plane Home
(Video )
Warner Records
カテゴリー
行楽 音楽(総合)

大阪の中之島バラ園は、今が見ごろ

5月11日の大阪中之島のバラ園のバラは、満開で色とりどりの花が楽しめました。

私は、毎年春と秋に中之島バラ園のバラの花の写真を撮って、SNS にアップします。
色々な花のカタチを楽しんだり、いろんなアングルで写真を撮ったりして癒されています。
ダニエル ・パウターもバラの写真を見て和んでくれたらいいなぁという思いでアップします。
それから、SNS の友達の誕生日や記念日にバラの花の写真をプレゼントします。
中之島のバラ園は、「バラの庭」、「バラの小みち」、「バラの広場」からなっていて、中央には約500m、総面積1300平方メートルのひろさらしくて、公園内に飲食の出来るお店もあり、都会の中の憩いの場となっています。
5月になると、89種類、約4000株ものバラが満開になるそうです。
 (OSAKAINFO 大阪観光案内公式サイトより)
【アクセス】
地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋駅」より徒歩5分、地下鉄堺筋線・京阪本線「北浜駅」より徒歩5分
住吉車庫行きのバス•北浜二丁目
入場料は無料です。
中之島公園のバラ園は大川に囲まれていて、バラ園橋を渡れば近いです。
大川岸には、カフェやレストランがありテラス席もあるお店も多く、デートコースにも良いのではないでしょうか?
バラは、5月下旬まで楽しめるそうで、もう一度かぐわしい匂いのするバラを楽しみに行こうかな
カテゴリー
行楽

桜満開の大阪城

4月6日の晴れわたった春の陽気の日に、桜が満開の大阪城に行ってきました。

満開のピークで、花吹雪が舞っていてお花見気分を盛り上げていました。
みんな桜の木の下にシートをひいて、宴会してる人、お弁当を食べてる人、寝ころんでくつろいでいる人と、みんな春の訪れを満喫しているようでした。
私は、この前来た時より桜の木が華やかになっていたので、時が経つのを忘れるくらい夢中にシャッターをきってました。
もちろん、BGM は、ダニエル・パウターのアルバム全部でした。
花吹雪舞い散る満開の桜の春のふぜいを楽しんだ気持ちのいい一日でした。
カテゴリー
行楽

今週末は、桜満開の大阪城!!

今日、桜満開の大阪城に行ってきました。

西の丸庭園に行くつもりだったので、大手門側から行きました。
大手門をくぐると、多聞櫓の向こうに桜の木が出迎えてくれる重厚な門の存在感に圧倒されます。
門を抜けると、満開の桜がお花見気分に火をつけてくれます!
透き通った淡いピンクの花が、うららかな春にいざなってくれます。
少し歩くと西の丸庭園が左手にあります。
西の丸庭園の入場料は、桜の咲く時期は、高校生以上は350円です。
一度出ると再入園はできませんが、夜の9時まで居ることが出来るようです。夜はライトアップされ、昼間の可憐な優しい桜の花とは違った幻想的な桜を楽しめます。
西の丸庭園は、天守閣の西にある広さ6.5haに300本の主にソメイヨシノの桜の木が植えられていて、桜の名所のひとつだそうです。
約半分が芝生に覆われている憩いの場所で、桜の花をめでながら、のんびりとした時間を過ごすのもいいかもしれませんね。
私は、今日はダニエル・パウターの『GIANTS 』(ジャイアンツ)を聴きたい気分だったので、iPodで聴きながら写真を撮って、楽しいひと時を過ごしました。
よく晴れわたった青空のもと、淡いピンク色の桜の花が際だって美しくて、春の訪れの嬉びを感じました。
今日、大阪城の桜の満開宣言がされて、良い時に行ったなぁとさらに嬉しい気分に満たされました。
今週末が、大阪城のお花見びより間違いなし!!   
カテゴリー
行楽 音楽全般

お花見にダニエル・パウターのこの曲を

大阪は、27日に開花宣言されて、いよいよ桜のお花見の季節の到来!

私の家の近所では、ここ1週間でぼちぼちと咲き始めている感じです。
大阪城の西の丸庭園の標本木は、3日前に開花宣言されました。大阪城公園の桜は咲き始めから五分咲き前の状態だそうです。(日本気象協会 tenki.jp)
いよいよお花見シーズンの本番!!
お花見のBGM には、やっぱりダニエル・パウターの「Cupid 」
リズミカルで心が弾んで、楽しい気分になります!
宴会にはピッタリだと思います。
私は、近所の桜の花に写真を撮って楽しんでいます。
満開の桜は見ごたえがあって、華やいだ雰囲気になりますが、蕾まじりの桜の花も春の訪れの嬉びをより一層感じて、これはこれで風情があって私は好きです。
満開の頃に大阪城に行って、写真を撮りながら春を満喫したいと思っています
ダニエル・パウターと友達になれたら、一緒に桜のお花見をしたいです!! 
(ダニエル・パウターのフェイス・ブックより)
カテゴリー
行楽

大阪城の梅林とダニエル・パウター

大阪城の梅林は、今週末満開の木が多くて春の息吹を満喫できると思われます。

今年は三度、大阪城の梅林に行き、最後が3月1日でした。
その時は、満開とまではいかなくとも五分咲きから満開近しの状況でした。
せっかく100品種を超える梅の木があるのだから、梅の木の花の名前にも注目して、心惹かれた梅の花を中心に撮ってみました。
人気の高い「思いのまま」を見つけことができました。
•「思いのまま」(2019/2/25)
一つの花に白色と紅色があって、二人の想いが実って ‘思いのまま’ に寄り添っているように見えて、縁起がいい幸せな気持ちになりました。
•「思いのまま」(3月1日)
「思いのまま」は、一つの枝に白色と紅色の花が同時に咲くパターンもあります。
「思いのまま」は、とてもロマンチックな花と梅の木で、紅白で縁起がいいので、ダニエル・パウターと友達になれますように願かけをしました。
【大阪城パークセンターによると、人気の花の開花状況は3月8日現在で次の通りだそうです。】
•華農玉蝶(かのうぎょくちょう) 満開
•思いのまま(おもいのまま)        満開近し
•武蔵野(むさしの)                       満開近し
他にも心惹かれた花を紹介します。
•「楊貴妃」(ようきひ)
華やかな八重で存在感がありますが、優しいピンク色で気品を感じます。
•「香篆」(こうてん)
かわいくて可憐な花が多い梅の花には珍しくがっしりしていて力強さに惹かれました。
•「鶯宿」(おうしゅく)
優しい桃色がかったピンクで可憐でふくよかに咲いていて、この花に出会った時に気持ちがパーと明るくなりました。
大阪城の梅のは毎年2月から咲き始め、冬から春への移り変わりに彩りを添える嬉しい花です。ダニエル・パウターの音楽と共に躍動感溢れる枝振りに咲く風情がある梅の花を楽しみながら、春の訪れが近いことを感じた充実したひとときを楽しみました。